交通事故

交通事故被害

後遺障害にも認定。高い慰謝料を得られ、満足度100%でした!

K様|30代男性・会社員
この記事をSNSでシェア!

解決までの流れ

2021年4月 交通事故被害

2021年5月 プレジデントへご依頼

2021年10月 通院終了

2022年11月 解決

事故態様・怪我の状況

自家用車で赤信号停車中に後方より追突され、受傷。

腰の痛みや足の痺れ等で約6ヶ月通院。

ポイント

  1. 地方在住だったので、東京の弁護士へ頼むことへの不安があったが、丁寧な対応で不安はなくなった。
  2. 後遺障害も認定され、受け取れた損害賠償の金額にも大満足。満足度は100%!
  3. 弁護士に流れや各種選択肢を丁寧に教えてもらえたため、信頼して任せることができた。

インタビュー

──プレジデントへご相談前、交通事故に関して不安だったことや疑問点はありましたか。

交通事故で怪我をしたのは、今回が初めてでした。

整形外科へ行ったときに、「(怪我が治るまで)長くなるかもしれない」と医師に言われ、保険会社が治るまで対応してくれるかどうか不安になりました。

もし保険会社に治療について何か言われたとき(※いわゆる「治療費の打切り」)、私は素人なので太刀打ちできないと思い、専門家である弁護士さんに頼みたいと考えました。

弁護士さんに頼むと慰謝料が上がることは、インターネットで情報を見て、知っていました。

※治療費の打切りについてはこちらで詳しく解説しています。

──プレジデントへご依頼くださった理由はなんでしょうか。

プレジデントさんでは、最初の窓口で対応してくれた方が、とても親身になって話を聴いてくれたのが印象的です。

弁護士さんにお願いするのは、正直なところ弁護士費用が高くなるイメージがあったのですが、弁護士費用特約(※)に加入していたので、弁護士費用を心配することなくお願いすることができました。

弁護士費用特約に加入していた理由は、保険に入る時に「つけておいた方が良い」と父親からアドバイスをもらったからです。父親には感謝ですね。

※弁護士費用特約についてはこちらで詳しく解説しています。

──プレジデントへ依頼中に不安や不便を感じたことはありましたか。

解決までの期間が長かったので、途中で進捗が気になったことはありました。

特に、後遺障害を申請してからは、メールや電話で進捗確認の連絡をしたことがありました。

連絡すると「現在は〜という状況で、督促をしているところです」等と具体的に状況を説明してくださったので、現状がよく理解できました。

また、私は地方在住なのですが、東京への弁護士さんへの依頼だったため、依頼した当初は、少し不安な気持ちがありました。

しかし、電話で問い合わせた時の対応や、メールへの返信が丁寧でわかりやすかったこともあり、不安はだんだんなくなりました。

後遺障害の書類の収集については、特に手間になることもなく、スムーズに集めることができました。

──プレジデントへ依頼しての感想を教えていただけますか。

得られた結果についての満足度は100%でした。

弁護士さんが手続きしてくださって、後遺障害も認定されました。 また慰謝料等についても、交渉の結果、高い金額を得ることができたので、結果にはとても満足しています。

担当の弁護士さんには、後遺障害が認定された際に、今後の流れを説明してもらい、いろいろな可能性や選択肢も教えてもらえたので、信頼して任せることができました。

担当の事務の方にはとても親切にしてもらいました。

わからないことがあったときには、何度か質問をしましたが、毎回丁寧に答えてくれました。気軽に相談できてよかったです。

──ご満足いただけたようでとても嬉しく思います。ご利用ありがとうございました。

投稿者プロフィール

吉田 倫子
吉田 倫子弁護士法人PRESIDENT代表弁護士
大学時代に「人の役に立ちたい」という想いから弁護士を目指す。
司法試験合格後、都内の法律事務所に約3年間勤務し、弁護士法人PRESIDENTを設立。
「テクノロジーと人の力で、権利が自然と実現される未来を創る」をミッションに掲げ、専門性の高さによる「最適な結果」と最適な顧客サービスによる「良い顧客体験」を提供。
現在は、交通事故、労働問題、ネットトラブル、離婚問題を中心に取り扱う。

■経歴
2004年3月新潟大学法学部卒業
2010年8月弁護士登録(東京弁護士会)
2014年1月東京赤坂にて弁護士法人PRESIDENT設立
この記事をSNSでシェア!
ホーム 解決事例 交通事故交通事故被害 後遺障害にも認定。高い慰謝料を得られ、満足度100%でした!
初回60分相談無料 050-1791-7300 メールでの相談はこちら