就業規則に1か月前の退職申出が定められているのですが、従わなければなりませんか?

労働者が一方的に退職を申し出る「辞職」の場合、労働者は2週間の予告期間をおけば、「いつでも」退職が可能です(民法627条1項)。 この規定に反する就業規則の効力については争いがありますが、仮に予告期間の延長ができるとしても過度に長期の予告期間を設けることは、公序良俗に反し無効であると考えられています。 そのため、長すぎる予告期間が就業規則に設けられている場合には、それに従う必要はありません。 具体的にどのような就業規則であれば従う必要がないのか等については、具体的な状況によりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーム よくある質問 労働問題 退職代行 就業規則に1か月前の退職申出が定められているのですが、従わなければなりませんか?
初回60分相談無料 03-6804-5820 メールでの相談はこちら